金沢寺町 本隆山 承証寺

 

法華宗(本門流)に属し、本山は京都本能寺。

 

 天正17年(1589)、加賀藩士であった服部佐渡守が加賀藩初代藩主・前田利家に願い出て尾張町に寺地を拝領し、日種上人を開山として創建した。後、古寺町(現・片町)を経て、元和2年(1616)頃に泉野寺町(現・寺町)の現在地に至る。

 

 寺内の鬼子母神に祀られている鬼面は、安宅浦の海中より浮かび上がったものとして秘蔵されてきたもので、霊験があるといわれている。

 

 江戸時代初期の画家、俵屋宗達の晩年の作とされる「萩に兎」が本堂板戸に残されている。※「鬼面」と「萩に兎」は非公開となっております。

 

 当時墓所には、幕末の源治の変(1864)に際して勤王の説を唱えて処刑された福岡惣助の墓などがある。